九州横断3県テーマ旅行

長崎 多くのキリシタンが殉教した地 雲仙の旅

明治の頃に外国人の避暑地として開かれた国際的な観光地でもある雲仙は、日本で最初の国立公園に指定された。
雲仙地獄はキリシタン殉教の舞台となった悲しい歴史も存在する。

雲仙地獄

雲仙地獄

至る所から高温の温泉と蒸気がシューッと音を立てて激しく噴出し、強い硫黄臭が漂う中、湯けむりをもうもうと立たせるさまは、恐ろしげな地獄の景色とも重なり圧巻。 1627年から約5年間、キリシタンに信仰を棄てさせるための拷問「地獄責め」によって、多くの人々が殉教した記録がある。

所在地
雲仙市小浜町雲仙
問い合わせ先
0957-73-3434 (雲仙温泉観光協会)
雲仙地獄殉教地の碑

雲仙地獄殉教地の碑

1627(寛永4)年から1631(寛永8)年まで雲仙の焦熱地獄で、キリシタンに信仰を棄てさせるための拷問と処刑がおこなわれた記録がある。有馬晴信の家臣・パウロ内堀ら16人が最初の殉教者で、188福者となった。 訪問の際は、雲仙公園ビジターセンター側の雲仙地獄の奥の十字架が目印。

所在地
長崎県雲仙市小浜町雲仙
問い合わせ先
0957-73-3434(雲仙温泉観光協会)
体感する雲仙地獄・雲仙地獄茶屋

体感する雲仙地獄・雲仙地獄茶屋

リニューアル後の新たなスポットは、「雲仙地獄 足蒸し」「雲仙地獄 工房」「雲仙地獄 見台」「大叫喚地獄展望所」「泥火山遊歩道」の5ヶ所。 蒸気でゆでた名物温泉たまごなどを販売所する〈雲仙地獄工房〉もある。

所在地
雲仙市小浜町雲仙
問い合わせ先
0957-73-3434 (雲仙温泉観光協会)